コンタクトレンズの特徴 コンタクトレンズの特徴 コンタクトレンズの特徴

主な特性

image

コンタクトレンズにはソフトとハードがあります。ソフトはハードに比べて装着時の違和感が少なく、使用期間が短い特徴があります。短期間で交換することが多いことから使い捨てタイプのコンタクトレンズとして使われます。使用期間は1日から1ヶ月まであり、長期間使うものは細菌の繁殖を防ぐためメンテナンスを行う必要があります。使い捨てになっているのは安全性を保つためです。汚れがたまって目に悪影響を与えないように使用期間が終了したら新しいものに交換するので、期間をしっかり守ることが必要です。

他にもハードとは異なる特徴があります。

ソフトは装着しやすいだけでなく、目からはずれにくいため激しいスポーツをするときに使えます。ハードに比べて使いやすく、装着感も良いために、コンタクトレンズが初めてという方にも評判が良いのが特徴です。ハードと比較するとソフトは構造上汚れやすい為、メンテナンスは十分に行う必要があります。その為ソフトコンタクトレンズには利用法がハードに比べて複雑と感じる方も多いです。

しかし、使用期間が1日の物であれば特にメンテナンスは必要としないので利便性の高い商品と言えます。

ハードコンタクトレンズはソフトコンタクトレンズに比べて、装着するためには慣れが必要ですが、目の異常の気が付きやすい特徴があります。ハードは瞬きする際に涙によって酸素を取り入れているため、目に異常あると痛みを感じます。それはハードコンタクトレンズの良い点と言えます。コンタクトレンズは使いやすい分、正しい使用法を守らないと目にトラブルにつながることを理解して使わなければいけません。

ソフトコンタクトレンズは装着しやすく、はずれにくいのでスポーツをするときにも使用できます。ハードコンタクトレンズに比べて慣れも必要なく、多くの方が違和感なく装着できますが汚れが付きやすいといった面があります。その為に頻繁に洗浄する必要があります。また長期間の使用に向かず、安全性を保つために短期間で使い捨てる必要があるなど利用法が使用する商品により変わります。コンタクトレンズは正しい利用法を守らないと目のトラブルにつながる場合があり、注意することも多いです。